赤ら顔をレーザー治療

赤ら顔!レーザー治療の前に知っておきたいことは?

レーザー治療で赤ら顔を治したいと思っていませんか?

 

女性であれば誰でも白肌に憧れるのは当然なことです。
血行が良い証拠だといわれても、本人にとっては非情に切実な問題です。

 

恥ずかしい思いをした人もいれば、コンプレックスになると悩んでいる人もいます。

 

皮膚科へ行っても治らないと、最後には美容皮膚科に頼ってみようと思う人も多いです。
ですが、初めてだと診療までの不安があると思います。

 

美容皮膚科に行く前に、参考にしていただければ幸いです。
ここでは、治療前に知っておきたいと思う不安を解決させていただきます。

 

レーザー治療前に知っておきたいと思う4つの不安を解決

 

赤ら顔をレーザー治療する前に知っておきたい人が多いのが下記の4種類です。

 

1、診療までの流れ
2、治療法
3、治療の費用
4、支払い方法

 

上記にそってそれぞれの項目を詳しく解説をしていきます。
一部しか気になっていない人は気になる部分のみをご覧いただければと思います。

 

赤ら顔のレーザー診療までの流れ

 

美容皮膚科は一般的に予約制となっています。

 

まずは、ネットやメール、電話などで治療日の予約をしてください。
ホームページで受付時間や予約状況などの確認をしておくといいと思います。

 

また、未成年の方は、親の同意書や同伴なども必要となることがありますので、電話で確認して起きましょう。
治療当日には、カンセリング、問診票の記入、メイクを落とすための洗顔などを行います。

 

(クレンジング、洗顔フォームなどは設置されていますが、メイク用品は自分で用意しておきましょう。)

 

カンセリングではドクターが、状態に適切な治療方法の説明や、悩みや要望などがあればアドバイスなどをしてくれます。
また、ビタミンEなどの美白剤の外用薬や内服薬なども処方されます。

 

治療後には、会計やカウンセラーと一緒に次回の予約日を決めます。
一部の施術を除いて、メイクをして帰宅できます。

 

治療法の部分についての解説

 

治療方法としては、血官内のヘモグロビンに反応するレーザー光を放射して、患部の毛細血管を加熱凝固によって破壊させます。
そのため、血管が閉じ塞がれ収縮することができるのです。

 

美容皮膚科で使用するレーザー治療機器には、複数の種類があります。
したがって、皮膚科で設置されているレーザー機器によって、レーザーの性質が異なってきます。

 

機器によっては、症状や状態を見ながらレーザーを複合的に組み合わせたり、光りの波長の切り替えなどがおこなわれます。
治療時間は約20分〜30分程です。

 

治療の費用の相場

 

初めての方の初診料は、カウンセリング費用を含めても、約5,000円程になります。
また、病院によってはカンセリング料が無料となっている所もあります。

 

治療費の平均額は、1回で約20,000円〜30,000円程になります。
美白剤の処方薬などは、約5,000円程となっています。

 

3ミリ以内に隣接している毛細血管は、一度では治療できないため数回の通院が必要となるのです。
そのため、レーザー治療は回数を重ねて徐々に全体の赤みを薄くしていくことになります。

 

術後の通院は、2週間〜3週間程の間隔をあける必要があります。
通院回数は個人差があり、平均回数は約6回〜約10回程度となります。

 

炎症性の赤ら顔の場合いは、炎症を抑える治療が先に必要になるため、改善するまでの通院回数が多くなってしまうのです。
そのため、約12回程の通院が必要になるのです。

 

顔の範囲にもよりますが、トータルで約300,000円〜500,000円程になります。
このように高額な治療となるので、格安なセットプランを用意してある病院もあります。

 

美容を目的とした自由診療は、保険は不適用となっています。
そのため、医療費は全額自己負担となるのです。

 

治療費の支払い方法について!分割払いなどはできる?

 

現金またはクレジットカードの分割払いが利用できます。

 

高額な治療なので、アフターケアがしっかりとおこなわれていることが重要です。

 

病院を探すときには、口コミなどで評価、評判、体験談などを参考にしてはいかかでしょうか。

 

赤ら顔を治したいのであれば治療をするだけではなく、原因の解消をしなければなりません。
何の対処もしなければ思ったよりも効き目を感じれず、回数も重なることで費用もかさんでしまいます。

 

そのため、原因の解消と治療法を並行して同時に行っていくことが大切となります。
原因について知らないって人は下記をご覧ください。

 

>>>赤ら顔の対処方を原因別に紹介!毛細血管、ニキビ、緊張型のどれ?